職場のメンタルヘルス問題は企業全体の業績に直結

   職場のメンタルヘルス問題は、業績にも直結する大きな問題となっているため、しっかりと対策をとることが大切です。

●メンタルヘルスが注目されるようになったきっかけ

メンタルヘルスが注目されるようになったきっかけ

   メンタルヘルスの不調に対する対策が注目されるようになったのは、過酷な労働環境に身をおく労働者の自殺が増加したことにあります。平成10年以降、日本では年間の自殺者が3万人を超えていますが、翌年に示された労災認定指針において自殺は労災だという内容が盛り込まれたことから、「労災自殺」として労働災害と認定されるケースが増えました。

   また、平成20年リーマン・ブラザーズの破綻による影響で、日本でも倒産やリストラによる失業者が急増し、1人1人にかかる労働負担はとても大きなものになりました。それによりメンタルヘルスの不調を訴える人が増加し、労災申請するといった事態に陥ったため、この事態を改善しようとメンタルヘルス対策に注目をする企業が多くなったのです。

●メンタルヘルスの不調が企業に与える問題

⋅ 生産性の低下

生産性の低下

   従業員のメンタルヘルスが悪化してしまうと、仕事の効率が低下してしまいます。仕事に対するやる気がなくなり、今までできていた仕事でも時間がかかるようになり、本来の業務遂行能力を十分に発揮することができなくなります。

   また、朝に調子が悪くなるケースが多くなるため、遅刻や欠勤も多くなります。中には休業する方もいらっしゃいますが、一度休業になった場合には長期間になることが多いため、業務に支障をきたすこともあるでしょう。

⋅ 他の従業員にも悪影響を及ぼす

    メンタルヘルスの不調者が増加している会社は、就業を続けている他の従業員のメンタルヘルスにも悪影響を及ぼし、モチベーションの低下や職務効率の悪化などにより将来的に業績を悪化させてしまいます。メンタルヘルスを悪化させているのはその人に問題があるのではなく、その職場や企業に何らかの要因が存在していることもあります。

   メンタルヘルス対策をお考えであれば、当社をご利用ください。当社はプライバシーマーク(Pマーク)の付与認定を受けた、健診や保健指導などのデータヘルスを専門に扱う業者です。健診・健康診断調査や保健指導などのデータ入力分析だけでなく、アンケートの作成から実施、アンケートデータ入力と分析、レポート作成などを行っています。長年ヘルスデータを専門に扱っているスタッフがデータ入力することにより、正確できめ細かな対応が可能です。

   また、当社では他にも保健指導勉強会・健診受診推奨イベント・健康増進イベントなどの企画・実施、スタッフ教育・研修も行っています。費用や事業内容に関するご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 
 

 


株式会社ライクイッ

〒120-0034
東京都足立区千住1-4-1
東京芸術センター17階 1701号
tel:03-5284-7891 fax:03-3870-3111


事業内容
   健康情報処理
   アンケート調査・分析
   イベントの企画・実施
   スタッフ教育、研修
企業情報
サービス料金
よくあるご質問
お問い合わせ
ストレスチェック
プライバシーポリシー
   個人情報保護基本方針
   個人番号及び特定個人情報について
   個人情報に関する公表事項
   開示対象個人情報に関する公表事項
   個人情報の開示等について
 
Copyright (C) likeit All Rights Reserved.