健康寿命の延伸に繋がる「データヘルス計画」

健康寿命の延伸に繋がる「データヘルス計画」

   超高齢化社会の進展に伴い、働き盛り世代からの健康づくりの重要性が高まる中、政府が“第3の矢”として発表した「日本再興戦略」(平成25年6月14日閣議決定)では、国民の健康寿命の延伸を重要な柱として掲げました。これは伸び続ける医療費を抑制するために、国民の健康寿命を延ばし、健康寿命と平均寿命の差を縮めていこうというものです。

   この「日本再興戦略」を受け、平成26年3月に保健事業指針の一部が改正され、「保険者は、健康・医療情報を活用してPDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るための実施計画(データヘルス計画)を策定し、保健事業の実施及び評価を行うこと」とされました。データヘルス計画は、科学的なアプローチにより事業の実効性を高めていくことをねらいとして、具体的には下記のような取り組みを行います。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000069365.pdf(データヘルス計画の背景とねらい 第1章)より
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12401000-Hokenkyoku-Soumuka/sankou.pdf(データヘルス計画+PDCA)より

●保健事業のPDCAサイクル

   事業を継続的に改善するため、Plan(計画)→Do(実施)→Check(評価)→Act(改善)の段階を繰り返すことを「PDCAサイクル」といいます。

⋅ Plan(計画)

保健事業のPDCAサイクル

   これまでの保健事業の振り返りとデータ分析によって現状を把握・整理し、加入者の健康課題に応じた事業を計画します。

  • 健康課題の分析
  • 保健事業の企画

⋅ Do(実施)

   費用対効果の観点も考慮しつつ、以下のような取り組みを実施します。

(例)

  • 加入者に対する全般的・個人的な情報提供
  • 特定健診・特定保健指導などの健診・保健指導
  • 重症化予防

⋅ Check(評価)

   客観的な指標を用いた保健事業の評価を行います。

  • 保健事業の検証

⋅ Act(改善)

   評価結果に基づき、事業の改善を図ります。

  • 保健事業の修正

   データヘルス計画の第1期は、平成27年度から平成29年度までの3年間です。翌年の平成30年度からの第2期は、特定健康診査等実施計画(第3期)に合わせて策定される予定です。しかし、効果的な保健事業を実現する上で、多くの健保組合では専門職の人材不足が課題となっています。健診・保健指導などのヘルスデータを専門に扱う業者と連携することで、効果的かつ効率的な保健事業の実施に繋げられるといったメリットがあります。

   当社では、事業所と連携したデータヘルス計画に基づき、PDCAサイクルによる効果的な保健事業を実施いたします。その他にも、データ入力から各種アンケート調査の実施、ストレスチェック業務などもお任せください。

   アンケート調査では、質問紙作成から調査実施・入力・集計・分析・レポート作成まで全てを代行いたします。アンケート入力は済んでいて集計作業や分析だけの依頼、グラフや表にしたいといったご依頼なども分かりやすい多種多様な図・表・グラフにします。費用や事業内容に関するご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 
 

 


株式会社ライクイッ

〒120-0034
東京都足立区千住1-4-1
東京芸術センター17階 1701号
tel:03-5284-7891 fax:03-3870-3111


事業内容
   健康情報処理
   アンケート調査・分析
   イベントの企画・実施
   スタッフ教育、研修
企業情報
サービス料金
よくあるご質問
お問い合わせ
ストレスチェック
プライバシーポリシー
   個人情報保護基本方針
   個人番号及び特定個人情報について
   個人情報に関する公表事項
   開示対象個人情報に関する公表事項
   個人情報の開示等について
 
Copyright (C) likeit All Rights Reserved.